住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険とは?

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
これから、新築または中古の家を購入される方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。
これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、10%の税金を支払わなければなりません。
この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。
思いもしないところから援助を受けることもあるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。
他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。
家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。
申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。
以上の事から、申し込めば確実に通る。
というものではありません。
通らない方ももちろんいらっしゃいます。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

http://www.jyutaku-muryou-soudan.com/