クレジットカード審査は厳しい?

クレジットカードはショッピングの支払い時などに財布から現金を取りだす必要なく支払いが出来るのであるととても便利なカードです。
そして、買い物の支払いだけでなく電気・ガス・水道の公共料金も支払いが可能です。
カードを使用してこれらの料金を支払うとカードのポイントが知らず知らずの内に沢山貯まっている事もあり目的がポイントで支払い方法をクレジットにする人もいらっしゃいます。
しかし、クレジット支払にした場合は口座振替の時と違って月額の割引制度から外れる事もあります。
ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金をよく利用する人はさらにポイントが貯まるのでお得になります。
レストランや映画館などでクレジットカードを使うと手軽に精算ができるため、レジで手間取ることがなくなります。
利用による手数料で運営会社は利益を得ていますがこれは利用者だけでなく販売する側の加盟店からも徴収されます。
店舗側が支払う加盟料は営業内容によって異なり一般の小売店や専門店などは3%から5%に設定されています。
3回以上のショッピングローンにすると利用者も支払わなければなりませんので金利が加算されて指定口座から自動引き落としされます。
3回未満の支払にローン料金を加算しないのは購買量を多くするための運営会社の配慮なのでレジで加盟料を請求してきても払うものではありません。
今ではほとんどの人が、ETCカード付きクレジットカードで高速を利用しています。
財布の中の現金が少ない時財布に入っていると安心なのがETCカード付きクレジットカードです。
ETCカード付きクレジットカード会社は沢山ありますのでどこの会社にしようかはっきり決断出来ずにいる人もいるでしょう。
万が一、迷われた時はクレジットカードを比較してみると良いです。
カードを比較するにはネットから各クレジットカードを比べたサイトなどを見ると良いでしょう。
通常、クレジットカードには不正利用に対する保障制度がありスリや窃盗で習得した第三者が悪用することによって名義人が受けた損害は発行会社が負担してくれます。
落としたり置き忘れた場合は、すぐに警察に届け出を提出し大至急、発行元にも連絡して利用停止にします。
60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。
インターネットでは、番号と有効期限、名義を入力するだけでパスワードなどは不要ですから簡単に不正利用できてしまいますので注意が必要です。
ネット決済で悪用された場合、手元にカードはあるので発覚しにくいですが毎月の利用明細を確認していればわかるので、きちんとチェックすることが大切です。