行政書士の事務所に務めていた時の話です

私は以前行政書士の事務所で働いていたことがあります。
そこで私は行政書士という仕事に興味をもち資格も取得しました。
ただ、よくいわれているように行政書士も飽和状態といわれ、供給が需要を上回っている状態だといえます。
しかし、私の務めていた事務所というのはそんな世相もなんのその、ただ仕事を待っているだけでは食ってはいけないという信念のもと、講演活動や地元の行政が主催する無料相談のイベントなどに積極的に参加していました。
そのおかげで、私の務めていた事務所は結構繁盛していたほうです。
無料相談で相談された方から芋ずる式に新しい相談者がやってくるということもよくあったので、行政書士の無料相談もばかにはできないなーと思ったものです。