住宅ローン借り換え費用で団信も必要?

団信とは「団体信用生命保険」の略で、住宅ローン債務者がローンの返済期間中に不慮の事態で返済不能になった場合、負債者に替わって保証会社が残金を支払うための保険です。
これにより、残された家族は支払い義務を負うこと無く安心して住居に住み続けることができるのですが、この保険に加入していないと万が一の場合は一家の大黒柱を失うばかりか住む場所さえ奪われてしまうので非常に重要な保険なのです。
通常、住宅ローンを組む際には団信の加入は必須条件ですが、すでに住宅ローンを借り入れていて借り換えのために住宅ローンを組み直すという人には特に心配はいらないでしょう。
保険料は銀行側が負担することが多いですが、フラット35の場合は団信の加入は任意なので、費用は自己負担になります。