嵌頓包茎の包茎手術なら

包茎の種類の中には嵌頓包茎と呼ばれるものもあります。
これはカントン包茎と読み、包皮の先端の径が極端に小さくなっているため、包皮を剥くことができないどころか亀頭を締め付けてしまうような状況になっている包茎のことです。
この場合自然治癒や自己対策を取ることはほぼ不可能で、包茎手術を受けるより他に改善される見込みはありません。
また嵌頓包茎の場合、亀頭を露出させることができるケースもあるのですが、その状態で勃起してしまうと前述した通り亀頭を極度に締め付けてしまうため、うっ血してしまうようなこともあり、非常に危険です。
包茎自体非常に不衛生で、皮膚病の原因になったりもしますので、嵌頓包茎で悩んでいる方はできるだけ早く、医師等への相談をされることをおすすめします。
包茎手術で失敗?俺のリアル体験談と術後【2ch口コミは嘘?】