教育ローンと奨学金、利用するなら

【教育ローンに比べて奨学金は延滞率が高い】学資として利用では、教育ローンより圧倒的に多いのが奨学金です。
その利用率は平成24年には56.6%にも達しています。
この数字は教育ローンの利用者をはるかに超えています。
しかしここへきて、奨学金には大きな問題が出てきています。
それは教育ローンに比べて返済状況が非常に悪いのです。
つまり延滞が多いということです。
では、どれくらい延滞が多いのかを具体的に見てみましょう。
<返済期日に達した奨学金の対象者>⇒282万人。
<延滞なく返済を続けている人>⇒247万9000人。
<1日以上延滞している人>⇒34万1000人。
<6ヶ月以上滞納している人>18万1000人。
※これで分かるとおり、奨学金を利用すると、後で滞納問題が生じる可能性が高くなります。
こうした点を考慮して教育ローンと比較して利用を検討する必要があるのではないでしょうか。