車を担保にお金を借りる場合の注意点は?

「車でお金」という看板を目にしたことがある人も多いかと思います。
これは要するに、車を担保にお金を借りる事です。
つまり、質屋などでは質草を入れて、お金を借り、期日までに返済すれば質草を受けることができます。
ですが、車でお金を借りる場合、質草であるところの車自体はそのまま使い続けてよく、お金だけ借りられるというわけです。
もちろん、通常の質草と同様の「車預かり融資」というものも存在しています。
これはその名の通り、車を預けてそれを担保としてお金を借りることを言います。
一見便利そうな車でお金ですが、利用するにあたってはやはり注意が必要です。
借り入れる額は、自分に本当に必要な額だけを借りるようにし、自分の返済能力の限界まで行かないようにしなければなりません。
そうは言っても、車でお金を借りる人は、実は他の金融機関などではお金を借りることができない、いわゆるブラックリストの人が多いです。
そもそも返済能力に乏しいわけですから、結果として返済が滞り、担保として車を持っていかれてしまうという例もかなり多く見かけられます。
それも、車をどうしても手放したくないと思えば思うほど、業者にとってはいいお客さんになります。